長崎県支部について

日本健康運動指導士会 長崎県支部とは

日本健康運動指導士会長崎県支部は主に健康運動指導士・健康運動実践指導者で構成されています

日本では動脈硬化や心臓病、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病、またそれらの症状をあわせ持ったメタボリックシンドロームが増えています。その原因のひとつとして運動不足があげられており、メタボリックシンドロームや生活習慣病を改善・予防するためには、適切な運動が必要とされています。

また高齢化社会の現在、健康維持・増進のためにも適切な運動が必要とされており、『安全で効果的な運動』のニーズは高まっています。

しかしながら『安全で効果的な運動』とはどのような運動なのでしょうか。
それには運動プログラムを作成する専門家の指導が必要です。その専門家である健康運動指導士・健康運動実践指導者は、病院や老人福祉施設、老人介護施設、保健所、健康増進センターや、フィットネスクラブ、スポーツジムなどで活躍しており、その指導者で構成されているのが日本健康運動指導士会長崎県支部です。

日本健康運動指導士会長崎県支部は、生涯を通じた県民の健康づくりに寄与する目的で創設された、健康づくりのための運動指導のエキスパートとして、 県民の皆さまを理想的な健康状態へ導く、健康保持・増進のための指導者の集合体です。

健康運動指導士とは

「個人個人の心身の健康状態に合わせて安全で効果的な運動プログラムを作成し、 指導を行う」
生活習慣病の防止や健康を維持するための 安全で効果的な運動プログラムを作成し、指導するのが健康運動指導士です。健康運動指導士は、運動プログラムを作成するためにより高いレベルの医学的な知識と技能を持っています。

健康運動実践指導者とは

「健康づくりのために作成されたプログラムに基づいて、運動指導を実際に実践していく」
健康づくりを目的として作成された運動プログラムに沿って、適切な実践指導を行うのが健康運動実践指導者です。健康運動実践指導者は、運動生理学や医学的な基礎知識に基づいた健康運動指導のための知識と技能を持っています。

主な活動・沿革

主な活動

  • 各会員が個人的および所属事業所において地域・市町村や企業等の健康づくり指導に携わっている。

沿革